湿疹・皮膚炎の予防

目次

湿疹・皮膚炎の予防1

湿疹・皮膚炎の予防2

湿疹・皮膚炎の予防3

湿疹・皮膚炎の予防1

湿疹や皮膚炎など不本意で頭皮のトラブルが起こると、フケが多くなってしまい見た目にもだらしなく思われてしまうことも少なくありません。

では、このような頭皮のトラブルが起きないようにするためにはどのようにしたら良いのでしょうか。

まずは自分の行動を思い返してみて下さい。無意識でもストレスが溜まった時など頭を触ったり、掻いたりという行動をしてはいないでしょうか?頭を掻いて傷ができると、汗やシャンプーなどの化学物質、シャワーの水との接触で体の他の部位より治りが遅い上、カサブタが出来ると、無意識に頭から剥がそうとしてしまう人も多いです。

面倒だからスタイリング剤を利用したのに洗髪をしなかったり、また逆に一日二回洗髪をするなど、過剰に洗髪をしたり、頭皮を引っかくように力強くシャンプーをしてはいませんか?そのようにスタイリング剤を放置したり、逆に何度も洗髪するなど清潔すぎる場合、頭皮を傷つけてしまい湿疹や皮膚炎を引き起こす原因を作ってしまうことになりかねません。

お分かり頂けましたでしょうか、つまり要約すると頭皮のトラブル知らずの健康的な頭皮を保つためにはなによりも触らない、という事が重要です。またシャンプーなども出来る限り化学物質が含まれていないものを使うほうが良いとされています。例えば、育毛シャンプーは数年前から見直されてきていますが、育毛シャンプーを使用すると健康な毛根を育成するために頭皮に働きかける成分も多く含まれている上、頭皮にダメージを与えるような成分が極限まで抑えられているので、普段から健康的な頭皮を保ちたい、という人は使用してみると良いでしょう。

▲目次へ戻る▲

湿疹・皮膚炎の予防2

湿疹や皮膚炎になるとフケが多量に出る事で黒い服を着るのに躊躇われたりするので特にスーツを着る職種…つまり多くの勤め人にとってはゆゆしき問題になります。更に痒みも出た場合など、人前で頭を掻いてしまうのも社会人だとより一層NG行為になってしまいます。

では、このような頭皮のトラブルに遭遇しないためにはどうしたらよいのでしょうか。

一番は頭皮のトラブルを起こさないよう予防線を張る事が重要だと言えます。ではどのように予防すれば良いのかですが、頭皮のトラブルの多くが刺激を与える化学物質が多いシャンプーの利用などで引き起こされているので、オーガニック製品や育毛シャンプーなど頭皮に刺激が少ない製品を利用することが重要です。シャンプーを香りで選ぶ人も特に女性だと多いですが、香りが強いシャンプーは少なからず香料などの刺激物が含まれている事も多いので、香りは妥協しても育毛シャンプーなど頭皮の健康を維持するのに役立つ製品を使う方が賢明と言えるでしょう。

また、女性の場合は特にですが朝シャワーを浴びて帰宅したらまたシャワーを浴びる人が多いのですが、カウンセリングをすると一日一回だけのシャワーだと汚れている気がする、と回答する人が非常に目立ちますが、洗いすぎは乾燥などのトラブルに発展してしまいます。シャワーは一日一回に留めましょう。

▲目次へ戻る▲

湿疹・皮膚炎の予防3

頭皮のトラブル(頭皮にできる湿疹や皮膚炎)は何も洗髪の仕方や髪をドライするかしないかだけではありません。普段繰り返される日常的な習慣で頭皮のトラブルを引き起こしてしまう人も意外に多いものです。ではどのような要素で頭皮のトラブルは起きてしまうのでしょうか。

例えば、喫煙や飲酒をする人の場合です。喫煙の習慣は健康的な皮膚の育成に欠かせないビタミン類を破壊してしまいますし、頭皮の血流も悪くしてしまいます。

また、飲酒をすることで睡眠の質に影響を与えてしまいます。睡眠の質が悪くなることで皮膚の健全な発育に影響を与えます。一杯であれば逆に血行を促進するなど逆にプラスの効果も見られますが大量に飲酒をするなどお酒が好き、飲み会に行く機会も多い、という人は要注意と言えます。また油の多い焼肉やコーヒーや香辛料が多い刺激物の嗜好がある人、および外食が多いという人もイエローカードと言えるでしょう。

また普段からストレスを解消できるように何か自分なりの「コレをするとスッキリする」ものがあると良いでしょう。ストレスは心だけではなく体も蝕みます。

そして前述のシャンプーに関しては値段や香りよりも「機能性」を重視して購入するように心がけましょう。例えば最近話題の育毛シャンプーですが、これは頭皮の健康を促す成分を豊富に含んでおり、特に薄毛や皮膚炎の悩みがなくても頭皮の健康を乱さないよう一役買ってくれます。

また、育毛シャンプーは低刺激ですので頭皮のトラブルを予防するにはピッタリと言えます。

▲目次へ戻る▲