脂漏性皮膚炎の症状

目次

脂漏性皮膚炎の症状1

脂漏性皮膚炎の症状2

脂漏性皮膚炎の症状3

脂漏性皮膚炎の症状1

大抵は悩ましい痒みを伴う脂漏性皮膚炎ですが、大きくは「乳児脂漏性皮膚炎」と、主に壮年期に発症する「成人脂漏性皮膚炎」の2種類に分類されます。

乳児脂漏性皮膚炎は自然に治癒することが多いのですが、厄介なのは大人になってから発症する成人脂漏性皮膚炎。

特に社会人ともなると接客や商談時など、人前に出る機会が徐々に多くなり、身嗜みを心掛けたいと思っているにも拘わらず、頭部に悩みを抱えているのは本当に気が重いものです。

この脂漏性皮膚炎、皮脂の分泌が多い部分である「脇の下」や「鼻のわき」「耳の後ろ側や中側」にも見られますが、頭に発症した場合にはフケと赤みを伴う炎症が最も多い症状です。

単なるフケ症と診断された場合でも、正しく治さない為に症状が重症化し、結果的に脂漏性皮膚炎を発症してしまうこともあり、注意が必要です。

また、いくらケアをしても「フケが治まらない」など症状の改善見られないという声をよく聞きますが、これは皮膚疾患特有の表皮の代謝が活発になっていることが原因です。

この場合、過剰手当て→フケ→さらに余分な刺激を繰り返すことで、「フケ大量生産」スパイラルに陥りがち。必要なケア及び治療を丁寧に行うことが大切です。

▲目次へ戻る▲

脂漏性皮膚炎の症状2

頭皮ケアにおける悩みの中で非常に多く聞かれる声として、「赤く爛れたような見た目」「延々と続く痒み」「次から次へと出てくるフケ」などが挙げられます。

それぞれ別の症状だと思われがちですが、実はどれも脂漏性皮膚炎の症状なのです。

しかしながら、発症のきっかけは様々。「ニオイが気になるのでシャンプーを替えてみたら、痒みが出てきた」「汗を掻く頻度があがったので、シャワーの度に洗髪をしていたら、フケがどんどん出てくるようになった」というように、思い起こせば心当たりが無くもない程度。一見、全てが脂漏性皮膚炎とは無縁の些細なことのように思えます。ところが、実際にはこれらが起因となり、発症してしまうことが少なくありません。

実は、必要以上の洗髪で油分を除去してしまったり、シャンプー成分の影響で皮膚が炎症を起こしたりすることは度々あることであり、脂漏性皮膚炎の症状で悩む方の大方はこのように小さな過ちを犯しているのです。

医師の診断や処方箋で対処しても、思うように改善しないという方。ぜひ、脂漏性皮膚炎の症状が始まった時期に、何か身の回りで変化が生じていなかったか思い出してみましょう。まずは、あなたの記憶が頼りになります。

▲目次へ戻る▲

脂漏性皮膚炎の症状3

脂漏性皮膚炎の多様な症状の改善を試みる手段として、直ちに取り組めるお勧めの方法をご紹介しましょう。

生活習慣の改善

これは規則正しく毎日を送るという、健康促進の第一歩。そしてオーソドックス且つ、全ての疾患に有効な方法なのです。

忙しい仕事に振り回されて、帰宅が遅くなり、結果的に就寝時間が午前様。こんな毎日が続き、睡眠時間の確保が難しい。または、疲労により入浴が億劫になり、清潔観念がおざなりになってしまう。こんな心当たりはありませんか?

これらの積み重ねが、生活する上で重大なストレスとなり、脂漏性皮膚炎を発症する引き金となります。

食習慣の改善

手短に食事を済ませるために、朝はファーストフードでマフィンとコーヒー。昼はお得意様廻りのついでに、牛丼。夜はコンビニ弁当。時には、エネルギー補給と称して、おやつにチョコレートバーを齧る。

こんな食事、身に覚えはありませんか?

必要以上の油分摂取は、脂漏性皮膚炎を悪化させる一因となります。自炊は無理でも、食生活を意識するだけで効果が期待出来ます。

いずれも難しいことではありませんが、まずは出来ることだけ始めてみましょう。少しの意識改革でも、身体は素直に反応するものなのです。

▲目次へ戻る▲