薄毛対策の為のノンシリコンシャンプー

目次

薄毛対策の為のノンシリコンシャンプー1

薄毛対策の為のノンシリコンシャンプー2

薄毛対策の為のノンシリコンシャンプー3

薄毛対策の為のノンシリコンシャンプー1

薄毛の対策でお悩みの方へ。シャンプーにはシリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーがあることをご存知でしょうか?

昨今、ノンシリコンシャンプーが何かと話題ですが、その人気の理由は毛根への詰まりがシリコン入りより格段に低いことがあげられます。他にも、シリコンの人体への影響も上げられますがこれについては医学的な結論がまだ出ていませんのでなんとも言えないのが現状です。

一般的には、頭皮の毛穴にシリコンが詰まってしまうことが薄毛の原因になっていると言われています。よく洗い流せば詰まりをある程度防ぐことが出来ますが、毛穴に詰まる原因になる成分が最初から入っていないノンシリコンシャンプーのほうが毛穴に優しいことは間違いありません。ですので、気になる薄毛の対策にはノンシリコンシャンプーが圧倒的にオススメと言えます。

もちろん、ノンシリコンシャンプーを使った上できちんと正しい洗い方をすることが大切なのは言うまでもありません。せっかく洗い落とした皮脂が洗い落とし不足のために再び毛穴に詰まってしまうことが無いように、正しくシャンプーして頭皮をケアしつつ汚れをしっかりと洗い落とすようにしてください。

髪を乾かす時も、頭皮や髪を痛めないようにドライヤーの使い方には注意してくださいね。

▲目次へ戻る▲

薄毛対策の為のノンシリコンシャンプー2

ノンシリコンシャンプーが薄毛対策に良いということで何かと注目を浴びていますが、実際にどのような違いがあるのでしょうか?

そもそも、シリコン入りと無しの違いを特に意識したことがない人のほうが多いかもしれませんので、まずはシャンプーにおけるシリコンの役割を説明したいと思います。

一般的なシリコンシャンプーには合成界面活性剤(洗浄成分)と加工されたシリコン成分が入っています。合成界面活性剤が頭皮や毛穴、髪の毛の汚れを取った後に、シリコン成分が保湿成分として髪の毛をコーティングすることで艶やかに見えたり、髪の毛がバサバサにならないように整えて洗いやすくしたしたりするわけです。また、コーティングが長く続くおかげでシャンプーした後も髪の毛が手櫛で通りやすく、輝きのある髪が手に入ります。

これだけを聞くとメリットばかりでシリコン成分はシャンプーに必須であるように思えるかもしれませんが、反面、最近ではシリコンシャンプーが薄毛対策には不向きなのではないかとも言われています。理由は、このシリコン成分が毛穴に詰まることで抜け毛の原因になってしまう可能性がある、というものです。そのため、頭皮や薄毛のケアを重視する人の間でノンシリコンシャンプーが注目されているのです。

目的に応じてシャンプーを使い分けることが大切であると言えます。

▲目次へ戻る▲

薄毛対策の為のノンシリコンシャンプー3

昨今、薄毛対策をしている人達の間でシリコンシャンプーが注目されています。

一般的に、ノンシリコンではないシャンプーではほとんどの商品に『ラウレス硫酸ナトリウム』や『ラウリル硫酸ナトリウム』という合成界面活性剤成分が配合されていると言われています。この合成界面活性剤は洗浄力が高く、頭皮や髪の毛表面の皮脂・汚れを浮かせて綺麗にしてくれます。しかし、毛髪から油分が失われるため、洗っている最中も乾かした後も、髪の毛がギシギシして絡まりやすく、いわゆるバッサバサの髪に仕上がってしまうのです。

これを補うために併せて配合されているのがシリコン成分です。シリコンが髪の毛を包み込んでコーティングすることで、絡まりにくくしてくれるのです。また、洗った後の髪もコーティングし続けてくれますので、見た目も艶のある輝く髪になります。

但し、このシリコンはいい事ばかりではありません。最近になって、シリコンが毛穴に詰まることで抜け毛(薄毛)の原因になったり、毛髪の発育不良を引き起こすことがわかってきたのです。

頭皮の汚れを落とせば髪の育ちが良くなることはテレビ番組や雑誌、テレビCMなどで周知されてきた事実ですが、頭皮と毛穴のケアをより良く行うためには、シリコンシャンプーでは不向きであると言えるのです。

薄毛が気になる方は、シャンプーをノンシリコンシャンプーに変えてみることをオススメします。

▲目次へ戻る▲