食事から始める薄毛対策

目次

食事から始める薄毛対策1

食事から始める薄毛対策2

食事から始める薄毛対策3

食事から始める薄毛対策1

一見薄毛と食事には関係がないように思うかもしれませんが、体の全ては食事から成り立っています。

体に現れる物で食事と全く関係のないものは無いのです。

薄毛予防に最も大切な事はバランスの取れた食事です。

人体には必要とする栄養素があり、その基礎となる栄養素が摂れていないのは薄毛予防以前の問題で、体調不良を引き起こす程の間違った食生活です。

ですので、最低限必要な栄養素は摂っているとした上で、その一歩先の薄毛対策に有効な食事を考えてみましょう。

1.毛髪の育成を阻害する物

最も毛髪の育成に悪いのは刺激物である辛い食べ物やお酒や油類です。

更に肉類の過剰摂取もコレステロールを増やし血行を阻害して頭髪環境を悪化させます。

対して多く摂取していないと思っていても食事全体の割合の大部分を占めている事もあります。

特に一人暮らしなど、スーパーやコンビニの出来合いの弁当などで済ませてしまう場合には顕著に偏りが生じます。くれぐれも注意しましょう。

2.毛髪の育成に必要な物

豆類や鶏肉などに含まれるタンパク質は毛髪の元となります。

つまり良質のタンパク質を摂取していないと毛髪は作れないという事です。

お米に含まれる亜鉛は薄毛の原因物質を阻害する働きがあります。

髪の毛に良いと言われる海藻類ですが、これらに含まれるミネラルなどが毛髪を作る際に必要とされます。

これらをバランス良く摂取するのが良いでしょう。

毛髪に必要な物や過剰に摂取すると毛髪の育成を阻害する物を考えてみると、昔ながらの日本食がいかに優れた食事であったかが分かりますね。

ちゃんとした食事を摂るには手間が掛かりますが、薄毛になって苦しむのは自分自身です。

自分自身の為にバランスの良い食事を摂っていきましょう。

▲目次へ戻る▲

食事から始める薄毛対策2

ある一定の年齢になると気になりだすのが薄毛です。

人はなぜ薄毛になるのでしょうか?薄毛にならない秘訣はあるのでしょうか?

『人』を作るのは食事です。

それならば積極的に薄毛対策の為に食事を改善しようと思ったらどのような食事が良いのでしょう。

具体的に調べてみました。

1.髪の育成に必要と言われる栄養素

髪の毛の元となる「タンパク質」

髪の毛を合成するのに必要な「亜鉛」「ヨード」「銅」

細胞や血流を育成する「ナイアシン」

毛根の育成に必要な「ビタミンB・ビタミンE」「鉄分」

2.髪の毛の育成により良いとされる栄養素を含んだ食材

黒ゴマ、かぼちゃ、レバー、牡蠣、納豆、豆腐、枝豆、鶏肉、豚肉、牛乳、卵、玄米

3.薄毛対策に有効とされる料理

玄米ご飯、ワカメの味噌汁、牡蠣フライ、胡麻豆腐、かぼちゃの煮物等

大事な事はご飯やパン、おかず類をバランス良く食べる事です。

薄毛になる原因の多くが、食生活の乱れに起因します。

朝は食べない、昼は外食、夜は飲んでラーメンなどという生活を繰り返していくと、たちまち薄毛になってしまいます。

特に男性ホルモンには薄毛の引き金となる物質があり、このバランスが崩れてしまうと薄毛を発症してしまうのです。

朝に玄米ご飯と海藻の味噌汁と焼き魚、お昼にはお弁当でご飯と煮物、夜にはご飯とレバニラ炒めと野菜やきのこ、牡蠣の天ぷら

例えばこのような食事なら髪の毛を育成する為のサイクルが健全に回り続けるという事です。

毎日の食事は習慣です。

たまにしかやらない事は苦になりますが、習慣になってしまえば苦になりません。

毎日の習慣として薄毛にならない食事を心がけてみましょう。

▲目次へ戻る▲

食事から始める薄毛対策3

バランスの取れた食事や日常生活を送っていれば薄毛になる確率はそう高くはありません。

しかし、健康を目指す時に誤った方法を行うと薄毛リスクは一気に高まります。

そう、毛髪の大敵、薄毛への近道、それはダイエットです。

人の体は生きる為に必要な所へ優先的に栄養を供給します。

つまり栄養失調に陥ると一番に栄養の供給を止められるのは髪という事です。

そして逆に食事の過剰摂取も害になります。

食べ過ぎは血行を悪くして頭皮への栄養をカットしてしまうからです。

そう、食べなさすぎても食べ過ぎても薄毛を促進してしまうのです。

いわば髪は健康な生活のバロメーターのようなものと言えるでしょう。

髪に最も必要な食品、髪の材料となる物、それはタンパク質です。特に植物性の良質な物がオススメです。豆類、豆の加工食品などがそれに当たります。

難しく考える必要はありません、枝豆や豆腐、納豆などは豆から出来ています。

1日の食事のどこかにこれらを必ず摂取するのはそう大変ではないでしょう。動物性でも鶏肉などは良質のタンパク質です。

そのタンパク質を毛髪へと合成するのがアミノ酸や亜鉛です。

牡蠣やレバー、チーズなどに多く含まれています。牡蠣やレバーを毎日は辛いですが、魚や肉にもある程度含まれています。おかずに魚や肉を必ず加えるようにすれば問題ないでしょう。

これらが基本の形になります。

更に薄毛対策に毛髪を丈夫に強く育てる必要があります。育毛に必要な栄養素がビタミンE、B2、B6です。緑黄色野菜やバナナ、イクラなどにこれらは含まれています。忙しくて野菜不足になりがちな人はバナナを1本食べるなど臨機応変に補給をしてみてはどうでしょうか。

▲目次へ戻る▲