脂漏性皮膚炎からはじまる脱毛メカニズム

目次

脂漏性皮膚炎からはじまる脱毛メカニズム

脂漏性皮膚炎から、ひどい脱毛に!

脂漏性皮膚炎から、深刻な薄毛に発展!

脂漏性皮膚炎からはじまる脱毛メカニズム

シャンプーを毎日しているのに、フケの量が多い、頭がいつもかゆい、生え際がカサカサして皮膚がむける、耳の後ろもかゆくなってきた、などの症状があれば、まず「脂漏性皮膚炎」を疑ってみましょう。

「脂漏性皮膚炎」は、皮膚に住み着くカビ(真菌)が 皮膚の脂をエサに増殖し炎症を起こすと言われています。フケやかゆみだけではなく、放っておくと抜け毛の原因にもなります。

なぜ、抜け毛になってしまうのでしょう?「脂漏性皮膚炎」の原因と言われるカビ(真菌)から分泌される酵素リパーゼが脂肪酸を作り、それが頭皮を刺激し、頭皮全体に炎症が起こりやすくなります。そのままの状態にしておくと、髪の毛が細くなり、脱毛がだんだん多くなってきます。さらに、カビと脂が毛穴の中に入り込むと、毛根の周りが炎症を起こし頭皮と毛根にダメージを与え、いっそう抜け毛を増やすことになります。

「脂漏性皮膚炎」は、このようにフケやかゆみのみならず、薄毛まで引き起こします。小さな悩みから、大きな悩みへとつながっていきますので、早めに専門医に相談することをおすすめします。また、日常もセルフケアに努めましょう。皮膚を清潔に保つ。毎日、刺激の少ないシャンプーで、爪を立てずに指の腹でやさしく洗う。食べ物のバランスや睡眠を充分にとるなど、生活習慣も見直しましょう。

▲目次へ戻る▲

脂漏性皮膚炎から、ひどい脱毛に!

季節に関わらず、髪がベタベタする。フケは多い方で、常にかゆい感じがする。そんな症状が続けばおそらく「脂漏性皮膚炎」の疑いが濃厚でしょう。放っておくと、男女を問わず薄毛となり大きな悩みとなってしまいます。

「脂漏性皮膚炎」は、頭皮にカビ(真菌)が異常発生し、常にベタベタしている状態になります。カビから分泌される酵素リパーゼが脂肪酸を作り、それが頭皮を刺激し、頭皮全体に炎症が起こりやすくなり、それがフケやかゆみの原因になります。

炎症は白血球が生み出す活性酵素により生じるもので、頭皮全体に大きなダメージを与えます。それにより、頭皮の新陳代謝が悪くなり、皮膚のターンオーバーを阻害します。ターンオーバーを乱れると、ヘアサイクルも乱れて頭皮が硬化し抜け毛が促進されます。

そのまま放置しておくと、症状が悪化して髪の毛が一気に抜ける場合もあります。フケ、かゆみを決してあなどってはいけません。このやっかいな「脂漏性皮膚炎」の対処法としては、まずは早めに皮膚科などの専門医に診てもらうことが第一です。カビ退治はお医者さんに任せましょう。抗真菌薬のシャンプーやビタミン剤、ステロイド系抗炎症薬など、症状に応じて治療方針を案内してくれます。 また、洗髪や食事、規則正しい生活など、日常でのセルフケアも重要です。

▲目次へ戻る▲

脂漏性皮膚炎から、深刻な薄毛に発展!

最近、シャンプーの時や朝起きて枕を見ると抜け毛が多くなっている。毛も細くなっている気がする。髪の毛の全体のボリュームが減ってきている。そんなことはありませんか。さらにフケやかゆみをともなっているのなら、要注意です。やっかいな皮膚の病気「脂漏性皮膚炎」の可能性が大です。

「脂漏性皮膚炎」とは一体どんな病気でしょう。カビ(真菌)などが頭や顔の皮膚に異常発生し、その部分に炎症が起こる病気です。頭皮だけに限らず、鼻のわきや耳の中、耳の後ろなどの皮膚がポロポロとむけフケが発生し、かゆみが出るのが特徴です。この状態が続くことで、髪の毛が細くなり、抜け毛につながりやすくなります。さらに、カビを含む皮脂が毛穴の中に入り込むと、毛根の周りが炎症を起こし、これも抜け毛の原因になります。フケやかゆみだけでも不快なのに、そのまま放置しておくとより深刻な薄毛になってしまいます。

まずは早めに皮膚科などの専門医に相談することが肝心です。抗真菌薬のシャンプーやビタミン剤、ステロイド系抗炎症薬など、症状に応じて治療方針を案内してくれます。根気強く治していくことが完治への近道です。「脂漏性皮膚炎」から、薄毛にならないよう早めの行動をおすすめします。

▲目次へ戻る▲