馬油には歴史がある!

馬油には歴史がある!記事一覧

馬油の歴史

馬油の歴史は古く、日本には中国から民間伝承によって伝わってきたと言われます。

馬油の効能は、5~6世紀頃の中国の医師、
陶弘景が馬の油は“髪を生ず” と「名医別録」に書き記されており、また16世紀頃中国の医師、李時珍が薬物学書「本草綱目」に馬油が肌荒れ治療やしみ・そばかすの除去、筋肉痙攣の緩和などに効果があると書き記されていました。

よって、これらの書物からも分かるように、5~6世紀頃から中国では馬の油が薬用として用いられていたと推測することができます。
日本では奈良時代に渡来した唐の鑑真和尚一行が今の九州の薩摩に上陸し奈良の都に北上する途中、大宰府で馬の油の効能を伝えたと語り継がれています。その為か、昔から大宰府(筑紫野地方)では馬肉を食する習慣が有り、なおかつ火傷や怪我には馬の油が一番と言われていました。
時代劇で時々目にする「ガマの油」は、その正体は実は「馬の油」だったのでは…と、いう説があります。 そのわけは江戸の中期頃、牛や馬の食用が禁じられていたため公では「馬の油」とは 言いづらかったため「我が馬の油」→「我馬の油」→「ガマの油」と文字って変名したというものです。
この説を唱えた研究者達の発表により全国的に「馬の油」が広がることとなり、今日では化粧品や健康補助食品などの多方面で、
利用されるようになりました。