【女性用育毛剤】おすすめランキング12選|育毛剤の選び方や使い方も紹介!

年齢を重ねるにつれて多くなる薄毛のお悩み。

薄毛と聞くと男性に多いイメージを持っている方もいるかもしれません。

しかし今や薄毛は男性だけの問題ではなくなり、近年では薄毛に悩む女性も少なくありません。

男女共通の悩みの種となっている薄毛ですが、男性の薄毛と女性の薄毛では原因や症状が大きく異なっていることをご存じでしょうか?

つまり、女性の薄毛には女性専用のアプローチが必要になります。

さまざまな男性向けの育毛剤が販売されていますが、女性の薄毛対策には適していないのです。

髪の分け目や生え際が気になるようになってきた…
髪のボリュームがなくなってきた…
抜け毛が増えてきた…

そんな薄毛が気になる女性のために、今回は女性の薄毛の特徴や女性用育毛剤について解説していきたいと思います。

またドラックストアや通販で買える市販の育毛剤をランキング形式でご紹介しますので、ぜひ自分に合った一品を探してみて下さい!

女性の薄毛の種類

女性の薄毛の種類

女性に多い薄毛や脱毛症には以下ものがあります。

びまん性脱毛症

女性の脱毛症の中で、最も発症しやすいのがびまん性脱毛症です。

ホルモンバランスや自律神経が乱れることによって、たんぱく質などの髪の成長に必要な栄養が十分に吸収・供給されなくなることで発症します。

部分的に脱毛が進んでいく男性の脱毛症とは異なり、びまん性脱毛症は頭髪全体が均等に薄くなっていくのが特徴です。

髪のボリュームがなくなった、抜け毛が多くなったという小さな変化を見過ごしていると、気が付いたらびまん性脱毛症が進んでいた…なんてことになってしまうかもしれません。

びまん性脱毛症の原因は以下のようなことが考えられます。

・老化
・ストレス
・無理なダイエット
・不規則な生活
・間違ったヘアケア

40代以降の女性に多い脱毛症ですが、ストレスや生活習慣の乱れから、20代から発症してしまう可能性もあります。

産後の薄毛

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンにはヘアサイクル*を延長し、成長期から退行期や休止期に移行するのを抑える作用があります。

妊娠中にはこのエストロゲンの分泌が増加するため、髪が抜けにくい状態になります。

しかし出産後には、女性ホルモンの分泌量が元に戻ると、妊娠中に抜けずに残っていた髪が休止期に入り一気に脱毛。

これが産後の薄毛が起こるしくみです。

ヘアサイクルとは・・・

髪が生える→成長する→抜ける→また新しく生え変わるを繰り返す周期のことです。

  • 成長期(2~6年)
    毛母細胞の分裂が活発で、髪が成長する時期。
  • 退行期(2~3週間)
    毛母細胞の分裂が穏やかになり、髪の成長が止まる時期。
    毛根が頭皮の浅いところに移動してくる。
  • 休止期(3〜5ヶ月)
    脱毛する時期。
    毛母細胞の発動が完全に停止し、毛根が委縮する。

円形脱毛症

円形脱毛症は聞いたことのある方も多いのではないでしょうか?

円形脱毛症は、その名の通りで、円形・楕円形に脱毛してしまう疾患です。

特に前触れもなく、突然脱毛斑が現れます。

円形脱毛症の原因は、実はまだはっきりとは解明されていません。

しかし、近年は自己免疫疾患が原因であるとする説が有力です。

本来、外部から侵入してきた異物を攻撃するのが免疫機能ですが、自らの細胞を異物と認識し排除しようとするのが、自己免疫疾患です。

円形脱毛症では、免疫機構が毛根を異物と捉えてしまうために起こるのではないかと考えられています。

牽引性脱毛症

生え際や分け目が目立つのが牽引性脱毛症の特徴です。

髪をまとめる際に引っ張られるため、生え際や分け目の頭皮に大きな負担がかかることで、発症します。

ポニーテールやお団子ヘアなどの髪形は頭皮の同じ部分がずっと引っ張られている状態になるため、牽引系脱毛症の原因になります。

またヘアアイロンやコテで巻いたり、エクステを付けたりするときにも、髪が引っ張られてしまう場合があるので、注意しましょう。

牽引性牽引性脱毛症はヘアアレンジが原因となるため、薄毛の悩みとは関わりのなさそうな若い女性にも起こる可能性の大きい脱毛症です。

また毎日髪をまとめなくてはならない中学生や高校生も発症してしまうことがあります。

ただし牽引性脱毛症は髪への物理的な負荷が原因であり、血行不良や栄養不足、ホルモンバランスの乱れによるものではない点で他の薄毛症状とは異なっています。

そのため、牽引性脱毛症を改善したい場合は育毛剤を使うのではなく、髪形を変えるなどして、髪や頭にかかる負担を小さくすることを考えましょう。

育毛剤の種類

育毛剤の種類

一般的に育毛剤と呼ばれているものには、実は医薬品医薬部外品化粧品の3種類が存在します。

医薬品

医薬品の育毛剤は、薄毛の治療を目的としているもので、厚生労働省から有効成分の効果が認められています。

正確には発毛剤となります。

3種類のうちでは最も確実な発毛効果を期待できるものですが、基本的には医師の処方が無いと入手できません。

また一日の使用回数や使用量など、使い方の規定が厳しく、年齢や持病などによっては使用できないこともあります。

さらに副作用が出る可能性があることも理解しておかなければいけません。

どんな副作用が考えられるのか

医薬品である発毛剤にはミノキシジルという成分が配合されています。

このミノキシジルによって引き起こされうる副反応として、頭皮のかぶれ・赤み・頭痛・めまい・動悸があります。

医薬部外品

医薬部外品の育毛剤は、医薬品と化粧品の中間にあたる存在で、薄毛の予防や現状維持に効果のある製品です。

「薬用」という表記を見かけたことのある方もいると思いますが、「薬用」も医薬部外品のことを示しています。

医薬部外品の育毛剤には厚生労働省が定めた育毛に効果のある有効成分が規定量含まれています。

医薬品に比べると作用が穏やかなので、副作用の心配も少なく、年齢や持病に関わらず使用できます。

また医薬部外品の育毛剤は市販されており、通販やドラッグストアで購入できるので、薄毛が気になり始めたけれど、病院は敷居が高い…と感じている方は育毛剤を使ってみると良いでしょう。

化粧品

髪の保護、髪の美と健康の維持を目的に用いられるもので、養毛剤とも呼ばれています。

医薬品・医薬部外品と比較しても、育毛作用は小さいと言えます。

しかし髪を健康な状態に保つことも、薄毛対策には重要なことなので、まだそこまで深刻ではないけれど、今後を見据えて…という方にお勧めです。

育毛剤を選ぶポイント

育毛剤を選ぶポイント

せっかく育毛剤を使うなら、少しでも効果の高いモノ、自分に合ったモノをつかいたいですよね!

そこで育毛剤を選ぶときに抑えたいポイントをご紹介します。

成分で選ぶ

女性の薄毛はストレスや加齢による血行不良、女性ホルモンの減少が大きく関わっていると考えられます。

女性用育毛剤によく配合されている育毛有効成分には、以下のようなものがあります。

  • センブリエキス
  • グリチルリチン酸
  • 酢酸トコフェロール
  • パントテニルエチルエーテル
  • ニンジンエキス
  • ピロクトンオラミン
  • セファランチン
  • フルボ酸
  • リデンシル

上記の成分のうち、少なくとも2つ以上は配合されている育毛剤を選ぶようにしましょう。

また、血行促進や女性ホルモンの類似成分エチニルエストラジオールや、乾燥を防ぐ成分を配合している育毛剤かどうかも注目したいポイントです。

そのほかにも、エタノールが配合されている育毛剤はさっぱりした使い心地なので、オイリー肌の方や髪がベタつきやすいかたにはおすすめです。

しかし、乾燥肌の方や敏感肌の方、フケが気になる方は避けたほうが良いでしょう。

またエタノールによってヘアカラーやパーマが落ちてしまうため、パーマやヘアカラーをしている方もアルコールフリーを選びましょう。

女性専用の商品を選ぶ

前半でもお伝えした通り、女性と男性では薄毛の原因・対処法が異なります。

女性向けのものを選び、正しいアプローチで薄毛を改善しましょう。

医薬部外品を選ぶ

市販品を買う場合は化粧品ではなく、医薬部外品に分類される商品を選ぶようにすると、より高い効果が期待できます。

コスパ・価格帯で選ぶ

育毛剤を使い始めてすぐに効果が出るわけではありません。

薄毛の悩みを解消するには、ヘアサイクルの乱れを改善し正常にすることが重要です。

しかし乱れたヘアサイクルを正常に戻すのに半年程度かかるといわれており、育毛剤は少なくとも半年程度は継続して使用しなければ効果を実感できません。

そのため、続けやすい価格であることも重要です。

通販で販売されている育毛剤には、定期コースを選択すると1本あたりの価格が通常価格より安くなるものもあります。

育毛剤は継続して使うことが重要なので、定期コースで購入するのがおすすめです。

ただし回数や契約期間の縛りがある商品もあるので、よく確認して納得できるものを選びましょう。

使い勝手で選ぶ

数ヶ月間ストレスフリーで使い続けるために、ベタつきや匂いなども考慮して使い勝手の良い商品を探してみましょう。

女性用育毛剤の中には香りや匂いが強いものもあります。

香りの感じ方や好みには個人差もありますが、きつめの香りが苦手な方は無香料の用育毛剤を選ぶようにしましょう。

実績で選ぶ

どれだけ優れた成分が配合されていても、実際に使った人が効果を実感できなければ意味がありません。

SNSで話題になっている、受賞歴がある、育毛剤売り上げランキング上位、満足度やリピート率が高いなど実績のある育毛剤なら信頼できますね!

女性用育毛剤おすすめランキング12選

女性用育毛剤おすすめランキング12選

それではお待ちかねの女性用育毛剤おすすめランキングです!

どれも魅力的な商品ばかりです!

1位:Wアプローチヘアプログラム / ミューノアージュ

Wアプローチヘアプログラム

出典:ミューノアージュ公式サイト

【有効成分】
グリチルリチン酸ジカリウム、センブリエキス、ピロクトンオラミン、酢酸トコフェロール、パントテニルエチルエーテル

【定価】
6,913円(税込)

皮膚科との共同開発による先端育毛研究から生まれた女性のための育毛剤です。

なんと使用感満足度は92.7 %、リピート率は94.4%です!

頭皮環境を整える頭皮美容液と有効成分を頭皮に浸透させる薬用育毛剤の2本セットで、髪のもとにWアプローチできます。

育毛剤でこの2ステップケアは革新的です!

5種類の薬用育毛有効成分と、その有効成分をサポートする6種類の自然由来保湿成分が配合されています。

香料・着色料・防腐剤・鉱物油・石油系界面活性剤・アルコールをいれない無添加で、肌にやさしい処方です。

2位:薬用リリィジュ / 富士産業

 width=

出典:リリジュ公式サイト

【有効成分】
センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、エチニルエストラジオール、D-パントテニルアルコール

【定価】
5,170円(税込)

累計販売数は650万本を突破。

育毛専門家と共同開発された女性のための育毛剤です。

女性の地肌は男性よりも乾燥しやすいため、髪や頭皮の健康のためには保湿が重要になります。

そこで薬用リリィジュが着目したのが、日本や中国で古くから使用されてきた桐葉エキスの保湿成分です。

桐葉エキスは明時代の中国の文献にも出てきたり、世界皮膚科学会などでも評価されたりしている注目の成分です。

桐葉エキスの他にも5種類の保湿成分や有効成分を配合し、女性の髪と地肌に理想的な育毛剤が完成しました。

さらにとろみのあるテクスチャで液だれのしづらく、香りやボトルのデザインなど、細部までこだわってあり、使いやすさも追求されています。

3位:マイナチュレ育毛剤 / レッドビジョン

マイナチュレ育毛剤

出典:マイナチュレ公式サイト

【有効成分】

センブリエキス・グリチルリチン酸ジカリウム・酢酸トコフェロール

【定価】
6,772円(税込)

3種類の有効成分のほかに頭皮環境の悪化を防ぐ成分、頭皮や毛髪の構成成分を補う成分が配合されています。

さらに使いやすさと有効成分の鮮度を失わないために、ボトルの形状や構造も工夫されています。

otona MUSE、GLOW、InRed、リンネル、SPRING、美ST、ESSEなど、たくさんの有名な女性向け雑誌でも紹介されている注目の育毛剤です。

なんとモンドセレクション8年連続金賞受賞シリーズ売り上げ200万本突破リピート率は97.5%と実績のある商品です。

4位:美柑の雫 / 大正製薬

美柑の雫

出典:美柑の雫公式サイト

【有効成分】
ニンジンエキス、センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム

【定価】
5,720円(税込)

美しい髪は健康な地肌から。

女性は年齢とともにホルモンバランスが乱れがちになり、かつ、皮脂量が減少することで地肌が乾燥してしまいます。

美柑の雫は、柑橘由来・ボタニカル由来の保湿成分、天然由来の美髪アミノ成分を配合し、潤いのある健康な地肌へと導きます。

5位:ルルシア ルフレ  / キーリー

ルルシア ルフレ

出典:ルルシア公式サイト

【有効成分】
センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、塩酸ジフェンヒドラミン

【定価】
7,980円(税込)

ふんわりとした女性らしい髪を目指す方にオススメです。

不足しがちな女性ホルモン類似成分3種類、育毛有効成分3種類、7種類の天然保湿成分、育毛・発毛・薄毛予防に効果のあるアロエエキス加水分解シルクホップエキスの4つのアプローチが嬉しい一品です。

6位:コラージュフルフル育毛ローション / 持田ヘルスケア

コラージュフルフル育毛ローション

出典:持田ヘルスケアオンラインショップ

【有効成分】
エチニルエストラジオール、センブリエキス、酢酸トコフェロール、サリチル酸

【定価】
3,080円(税込)

女性ホルモン類似成分、血行促進成分、保湿成分がバランスよく配合されています。

フケやかゆみを防止する成分も含まれており、薄毛だけでなく、肌トラブルなど頭皮の悩みを丸ごとカバーしてくれます。

また気軽に試せるリーズナブルな価格である点もおすすめです。

7位:薬用アデノゲン グレイシィ / 資生堂

出典:資生堂公式ショップ

【有効成分】
セニンジンエキス、グリチルレチン酸、パントテニルエチルエーテル

【定価】
7,150円(税込)

この育毛剤で注目したい成分は生体内薬用成分、アデノシンです。

アデノシンには、血行促進、発毛促進因子であるFGF-7の産生、ヘアサイクルの成長期を伸ばすという3つの作用があります。

アデノシンの作用で抜けにくいしっかりとした髪が目指せます。

8位:ベルタヘアローション / ベルタ

ベルタヘアローション

出典:ベルタ公式サイト

【有効成分】
センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸トコフェロール

【定価】
8,778円(税込)

モンドセレクション4年連続金賞受賞楽天の育毛・養毛剤ランキングで1位獲得などの実績があり、満足度は94%累計販売数は200万本を突破しました。

有効成分のほか、ベルタ史上最多となる56種類のヘアケア成分を配合しています。

パーマ、ヘアカラー、加齢、紫外線etc…さまざまな原因によって蓄積されたダメージが薄毛につながってしまいます。

ベルタヘアローションはダメージをケアし、頭皮環境を整え、有効成分をしっかりと頭皮まで届けてくれます。

9位:スカルプD ボーテ メディカルエストロジー スカルプセラム / アンファー

スカルプD ボーテ メディカルエストロジー スカルプセラム

出典:スカルプDボーテ公式サイト

【有効成分】
エチニルエストラジオール、グリチルリチン酸ジカリウム、ヒノキチオール

【定価】
7,945円(定価)

楽天スカルプケアローション・エッセンスランキング1位Amazon’s Choice選出Yahoo!ショッピング レディース育毛・スカルプケアランキング1位などの実績があります。

女性の薄毛の原因の1つは女性ホルモンの低下です。

スカルプD ボーテ メディカルエストロジー スカルプセラムは、女性ホルモンであるエチニルエストラジオールを配合し育毛発毛を促進。

強く抜けにくい髪を育みます。

また、豆乳を長時間かけて発酵させる独自製法で製造した豆乳発酵液「ソイセラム」を最高濃度まで配合しているのが特徴です。

※ソイセラムとは髪と頭皮にうるおいを与え、頭皮環境を健やかに保つ成分です。

10位:50の恵 髪ふんわりボリューム育毛剤 / ロート

50の恵 髪ふんわりボリューム育毛剤

出典:ロート公式サイト

【有効成分】
ニンジンエキス、パントテニルエチルエーテル、グリチルリチン酸ジカリウム

【定価】
オープン価格

天然由来成分を含む50種類の保湿成分が配合されています。

やさしい使い心地を追求し、アルコールの配合量が少なめとなっています。

また液だれしづらいテクスチャやリラックスできるハーブの香りで使いやすい育毛剤です。

11位:リジュン / ミスミ製薬

リジュン

出典:LIPコスメ

【有効成分】
フルボ酸、リデンシル

【定価】
6,556円(税込)

30代以降のヘアケアはとても重要です。

実は年齢を重ねるごとに頭皮環境が悪化し、ヘアケア成分が浸透しづらくなってしまうのです。

そのため、頭皮環境が整っていない状態では、どんなに良質な育毛成分も無意味になってしまうかも。

そこでリジュンには、必要な栄養をしっかり届ける「フルボ酸」と次世代ヘアケア成分「リデンシル」が配合されています。

さらに72種類のナノ化成分が絶妙なバランスで配合され、年齢を重ねた髪にハリやコシを与えてくれます。

12位:ハリモア / ヘアボーテ

ハリモア

出典:Amazon公式サイト

【有効成分】
センブリエキス、ニンジンエキス、グリチルリチン酸ジカリウム

【定価】
7,600円(税込)

女性からの支持率の高い育毛剤で、人気女性雑誌でも紹介されました。

約3,000種類の天然由来成分から、育毛と美髪をサポートする成分28種類を厳選して配合しました。

有効成分・美髪成分を毛穴の1/1000の大きさまでナノカプセル化するというハリモア独自の高浸透技術で頭皮にしっかり届き、育毛と美髪のWのエイジングケアが実現します。

徹底的に無添加にこだわり余計なもの一切使っていないので安心して使用できます。

育毛剤の使い方・コツ

育毛剤の使い方・コツ

育毛剤の成分がしっかりと髪や頭皮に浸透しなければ、使っている意味がありませんよね。

なので、育毛剤の効果が薄れないよう正しい手順で育毛剤を使用するよう気を付けましょう!

洗髪・ドライヤー

育毛剤の成分をより浸透しやすくするためには、頭皮の汚れや水分しっかりを取り除く必要があります。

頭皮全体に塗布

部分的ではなく、髪が全体的に薄くなっていくのが女性の薄毛の特徴です。

分け目や生え際などの気になる部分以外にも有効成分が行き渡るように塗布していきましょう。

1日2回を3か月~6か月は続ける

ヘアサイクルのスパンを考えると、育毛剤の効果が出始めるのは3~6ヶ月後。

使い始めてすぐには効果を実感できませんが、根気良く続けることが大切です。

日常でできる薄毛ケア

日常でできる薄毛ケア

育毛剤は髪や頭皮のダメージや栄養不足、血行不良をカバーしてくれるので、育毛剤を使うのは効な薄毛対策のひとつです。

しかし、育毛剤を使用するだけでなく、髪や頭皮のダメージ・栄養不足・血行不良などの原因自体を取り除くことも薄毛を改善する手段です。

ヘアケアの方法を改善する

スッキリするからと髪を1日に何度も洗ったり、 ゴシゴシと力を入れて洗ったりしていませんか?

髪を何度も洗うと皮脂が取れすぎで乾燥の原因になってしまいます。

また力を入れて洗うと頭皮が傷ついてしまいます。

シャンプーをよく泡立てて、やさしく洗いましょう。

シャンプー後に髪を乾かさずに放置するのもご法度です。

濡れたままでは、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

さらに髪が濡れている状態を放置するとキューティクルが開きっぱなしになり、ダメージを受けやすくなります。

食生活を見直す

髪と頭皮の健康を保つには内側からのケアも不可欠です。

髪の主成分であるたんぱく質、血行を促進するビタミン類、育毛を促進する亜鉛、女性ホルモンに似たはたらきをするイソボフランを意識的に摂るようにしましょう。

質の高い睡眠を取る

髪の成長や、ダメージの補修がもっとも活発になるのは睡眠中です。

寝る前にスマホを触らない、毎日決まった時間に寝る、成長ホルモンが多く分泌される22時~2時の間に寝るなど、質の高い睡眠をとることを心掛けましょう。

女性には女性の薄毛ケアを!

女性には女性の薄毛ケアを!

ここまで読んでいただきありがとうございます。

生活習慣やストレスが大きく関わっている女性の薄毛には、女性専用の薄毛ケアが必要になります。

正しくケアして少しでも悩みを解消し、薄毛に悩まない毎日を手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。